普及の予想

LED照明は、今後ますます普及することが予想される

LED照明は、至る所に使われています。 オフィスでも病院でも学校でも、LED照明を使っている所が多くあります。 殆どのメーカーでは、LED照明を扱っています。 内閣府の調査では、2013年におけるLED照明の普及率は23%ですが、2020年には、100%にすることを目標としているみたいです。 LED照明は、従来の蛍光灯よりも長持ちするし、コストも低く抑えることができ、二酸化炭素の排出量も減らすことが出来ます。 よって、LED照明を使うことは、大変にメリットのあることなのです。 今後ますますLED照明は、普及することが見込まれています。 そのためLED工事を受け持つ業者も多くあります。 今では、LED工事に関する業者比較をするサイトまであります。

LED工事は、盛んに行われている

急速に普及しつつあるLED照明ですが、それを取り付けるためには、LED工事が必要になります。 今では、LED工事のための専門スタッフを24時間365日態勢で、受け付けている業者もあるほどです。 LED取り付けのための工事費用は、店舗などの大きさによって当然変わってきます。 例えば、床面積が1000m?ほどでLED照明を120台取り付けるスーパーの場合は、合計して、1000万円程が相場です。 また、床面積が130m?ほどでLED照明を120台取り付けるコンビニの場合は、230万円程が相場となります。 コンビニと同じ広さでLED照明の数が同じオフィスなどの場合は、150万円程です。 この金額は、あくまでも目安ですので、業者によって多少の差異はあります。 このように、設置する場所によってLED工事の費用も変わってくるのです。 さらに、LED照明の導入に際しては、国や自治体から補助金を受けられる場合がありますので、そういった制度も活用することをお薦めします。