原状回復をする

オーナーの現状回復の悩みを解決

賃貸経営をしているオーナーにとっての悩みの一つに、物件の現状回復という物があります。 現状回復とは、借主が物件を明け渡す時に借りた時の状態に戻すことを言うのですが、全て借主が負担して現状回復をするわけではありません。 経年劣化といって、日常生活を普通に過ごす事で生じる汚れや傷等は借主が直す義務はありません。 10年も住めば、多くの場合経年劣化として見られるので、物件の現状回復はオーナーが行わなければいけません。 その為、現状回復の費用もかかりますし、リフォームも必要となってきます。利益を出す為の物件ですので、この費用も利益率を考えて行わなければいけません。 このような賃貸物件の現状回復を専門に行うリフォーム業者に依頼すると、より多くの利益を生むことができます。

リフォームで入居率をあげる

現在では、このような現状回復を多く請け負うリフォーム業者がたくさんあります。 このような業者では、ただ現状回復を行うだけでなく、より快適な空間を作ることで入居率を上げ、利益を上げることができるようになります。 特に最近人気なのは、間取りの変更です。和室の部屋を洋室にするというだけでも、入居者が増えることもあります。 その物件の建つ地域によって、好まれる間取りと言うのがありますので、その傾向を知っている業者に相談するのも良い方法です。 また、フルリフォームを行うことで、新築のような内装を実現することも可能です。フルリフォームの場合、一度に工事を行うことで費用を安く抑えることもできますので、大変お得です。